Create  Edit  Diff  FrontPage  Index  Search  Changes  History  RSS  Login

EnForwardの設定方法

EnForward?設定

EnForward?の設定方法を説明します。

設定内容
Evernote Email AddressEvernoteのEmailアドレスを入力します。設定必須です。
Save note in Sent folder転送したメールを、送信済みフォルダの残します。
Interval between sending notes複数メールを選択して実行した場合に、メールを連続送信しますが、その間隔を秒単位で指定します。迷惑メール対策などで、連続送信が禁止されている場合などに設定してください。
Note titleノートのタイトルを指定します。デフォルトでは、メールのタイトルが使われます。%Sなどのキーワードは、次のように置き換えられます。%S=件名、%a=送信者、%Y=送信日(年)、%M=送信日(月)、%D=送信日(日)、%h=送信時間(時間)、%m=送信時間(分)、%s=送信時間(秒)
Remove Re:, Fwd: and Fw: in front of subjectノートタイトルに%Sを使用した場合に、行頭のRe:、Fwd:、Fw:を削除します。Re: Re: Re: ...のように複数ある場合は、すべて削除されます。
Remove [...] and (...) in front of subjectノートタイトルに%Sを使用した場合に、行頭の[...]/(...)を削除します。
Notebookノートを保存するノートブックを指定します。必ず、すでにあるノートブックを指定してください。空欄、または、指定したノートブックがない場合は、デフォルトのノートブックに保存されます。
Tagsノートにつけるタグを指定します。必ず、すでにあるタグを指定してください。
Add message tagsメールにタグがつけられていた場合に、同じタグをノートにつけます。ThunderbirdとEvernoteのタグが同じである必要があります。
Accountアカウントの種別を指定します。プランにあわせてPlus/Premiumを選択してください。
Note size送信できるメールの最大サイズです。
Send Today一日に送信できるメールの数です。0:00にリセットされます。Thunderbird以外から送信した分はカウントされないので、参考程度にしてください。
Enable limitations checkメールサイズ、送信回数が制限を超えた場合に、送信をキャンセルします。
その他Shiftキーを押しながら実行すると、すでにEvernoteにある同タイトルのノートに追加されます。ノートブック、タグの設定は無視されます。
Last modified:2017/04/29 23:46:55
Keyword(s):
References: